孤独のグルメ



孤独のグルメ

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格: (消費税込)


トマソン、あるいは、路上観察学のくくり、かな?
作者2人が赤瀬川源平氏に師事していた、という経歴を見て、ああ、と納得できました。

作品の持つ雰囲気、視点、、切り口は確かに路上観察学に通ずるものがあります。
トマソン的ともいえます。

もしかすると、アンパン、ことアンデパンダンを引きずっているかもしれません。

マンガ、エッセイの側からみると不思議な作品ですが、芸術(アート)の側からみると
フォーマットが確立していると見えるのではないでしょうか。

「超芸術トマソン」
「路上観察学」

おそらくこのキーワードに属する作品なのです。

このキーワードに興味のあるヒトは検索してみてね。

お腹が空いてきます(笑)
主人公が外回りの仕事をしたとき、初めての町で土地勘も無く「さてどこでメシを食おう」と、目星をつけた店に入って出てきたメニューを食べる。
毎回だいたいはこういうパターンのお話し。
しかし実に美味しそうに食べるのです。
食事だけでなく、その土地、その町、その店の空気や雰囲気まで肌に感じられそうに描写されてます。

「食事はただのエサじゃない」と言う事を実感させられます。

このレビューを書いている間も何か食べたくて仕方が無いです。(笑)

アンチ「美味しんぼ」:「豊かな食事」について
 ウンチクに走る「美味しんぼ」とも、包丁人対決の「味平」とも全く別の食漫画パラダイムを地味に提示した傑作マンガ。行き当たりばったりにサラリーマンが出会うそのへんの料理屋での「食」の味わいを描いた日常感が素晴らしい。

 この漫画を通して、魯山人をルーツにした「美味しんぼ」的食い道楽のスタイルが、いつの間にか誰もが「通」をお手軽に気取る嫌らしさになって、グルメ情報として世間に充満していたことに気づかされた。魯山人の風狂も僕はスタイルとしては認めるが、中途半端に素人が真似るのは単に無粋である。この漫画に描かれているような自然体のリアルさの方が今の時代にはあってますね。なんでもない定食屋の料理を美味そうに描く作者の力量、ウンチクに流れがちな料理の説明を最小限に抑えた編集者のブレの無さに拍手。

女性でも楽しめると思います
「美味しんぼ」のようなグルメがでてくるわけではなく「味いちもんめ」のように登場人物にドラマがあるわけでもないのですが食べ物を扱った作品の中では何故か一番好きです。

ドラマは無いけど風情がある
グルメは無いけど一番食べたいものがある

って感じかな。
この作品が好きな人には安部夜朗の深夜食堂もウケそう☆

そこなかとなく書き綴れば・・・。
独身のサラリーマンがご飯を食べに行ってそこで遭遇するいろいろなことをただなんとなく書いているだけです。
レビューがよかったので、読んでみましたが、私は何度も読み返したくはなりませんでした。
なんの主義や主張もない、ただまったりとご飯を食べる。
でも、こんな時間が忙しい人にとって大切な時間なのかもしれませんね。
一話一話が8ページの読みきりなので、時間のない人の細切れの時間に読むにはうってつけです。




肌の悩みが消える美肌水―肌や髪に塗って美容効果抜群の尿素で作る安全で安価な手作り化粧水 (ビタミン文庫)

結婚の謎(ミステリー)

気功の力―医療気功と80人の気功師

脳ヨガダイエット3週間プログラム (AC MOOK)

ビューティーモデル田中マヤの美容通信

再生医療へ進む最先端の幹細胞研究―注目のiPS・ES・間葉系幹細胞などの分化・誘導の基礎と、各種疾患への臨床応用 (実験医学増刊 Vol. 26-5)

海外個人旅行マル得マニュアル (小学館文庫)

医療の倫理 (岩波新書)

孤独のグルメ

キング・オブ・グルメ フランス料理店

新着情報ブログ ブログ2